利尻を要約できる、たった一つの言葉

シェアする

スポンサーリンク

「利尻って、どんなところ?」

そう聞かれると一番困る。

私に言わせれば、何もない。
言い換えれば、全てがある。

禅問答のようだけど、答えるとしたらそうなってしまう。
「どんなところ?」という問いには、目的がない。
観光に来るのか、仕事で来るのか、移住するのか。
そんなツッコミを入れたくなる質問なのだ。

どんな場所でもそうだけれど、何のために来るかによって、その場所の体感など異なって然り。
そこを天国に感じるか、地獄に感じるかも、その人の経験値によって変わる。
非常にシンプルなのに、答えにくい質問のひとつだ。

基幹産業は、漁業と観光。
とても地味なところだ。
有史に残る災害がないのもまた一つの特徴とでもいえようか。
一生懸命一言で表現するとしたら・・・

のどか。

これに尽きる。

自然を受け入れるチカラ

とにかくのどかだ。
島民たちは、自然を受け入れる術をすんなりと身につけている。
ここではとにかく、自分ではどうすることもできないことが多いのだから。

それは、基幹産業の漁業に関わる人が多いことが理由だろう。
海の仕事は、すべて天気次第、海次第。
自分で予定を立てた通りになど、進むわけもなし。
休日は曜日で決まるわけでなく、海の都合で決まるのだ。
今日は時化だからお休み、みたいなね。

都会生活から一転して戸惑ったのがここ。
目標設定して、計画を立てて、なんて作業はここでは一切通用しない。
観光で来る場合だってそうだ。
天気次第で、非常につまらない旅行になってしまう可能性が高い。

この「自然を受け入れる」という感覚は、都会では味わいにくい感覚だ。
努力さえすればなんとかなる!と考えてきた私の思考回路は、これでたたき壊された。
さすが、第一次産業だ、などと思ったものだよ。
どんな計画も、ここでは無力だ。

だから島民はのどかでいられる。
深く考える、ということをしない。
今日のことは今日考えるしかない、という環境の過酷さを、過酷だと思ってもいない。

これはある意味すごい。

育ってきた環境が、人を作る。
何日も時化が続き、物流がストップしようが、誰一人として慌てない。
都会なら大騒ぎになっていることでも、ここではさらっと流される。

過酷な状況に身を置くほどに、人はたくましくなるのだろう。
私も少しは鍛えられたかな。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク